1. ホーム
  2. お知らせバックナンバー
  3. アチェ津波モバイル博物館とアチェ津波被災地メモハンについて新聞で報じられました

2014/12/26 アチェ津波モバイル博物館とアチェ津波被災地メモハンについて新聞で報じられました

本センターの「災害対応の地域研究」プロジェクトおよび地域情報学プロジェクトによって開発が進められてきたアチェ津波モバイル博物館およびアチェ津波被災地メモハン(国立情報学研究所・北本朝展准教授と共同開発)について、国内外の新聞で報じられました。

じゃかるた新聞(2014年12月26日 1面)「アプリで被災経験共有 「災害を風化させない」 バンダアチェ
朝日新聞(2014年12月26日 夕刊2面)「インド洋津波の記憶、アプリで継ぐ 京大准教授ら開発」

Kabar24(2014年12月25日)「TSUNAMI ACEH: TDMRC Dan CIAS Universitas Kyoto Luncurkan Aplikasi Tsunami
Smong(2014年12月26日)「Ragam Produk TDMRC dan Mitra」
Serambi Indonesia(2014年12月27日)「CIAS Kenalkan Aplikasi Aceh Tsunami Mobile」
Atjeh Post(2014年12月27日)「TDMRC Unsyiah Luncurkan Aplikasi Aceh Tsunami Mobile MuseumM

参考
「災害対応の地域研究」プロジェクト
概要:http://www.cias.kyoto-u.ac.jp/project/saigai.html
詳細:http://www.cias.kyoto-u.ac.jp/~yama/bosai/