最新エッセイ

地域研究資料へのいざない
(2015-07-30 掲載)
中山 大将
戦後70年のもうひとつの課題:民間資料の収集と保存をめぐって
バックナンバー

樺太関係資料館 引揚者らが寄贈した資料などが展示されている。(北海道庁旧本庁舎2階 2015年7月筆者撮影)

 「戦後70年」という言葉が現れるときに、しばしば伴われるもののひとつは当事者の高齢化という問題であろう。いわく「戦争の記憶が薄らいでいく」と。各種学会、研究会に参加しても、ある危機感が共有されている。それは、当事者にインタビュー調査できる限界が迫っているという危機感である。インタビュー調査の限界が差し迫っていることはもちろんであるが、その陰であまり指摘されないもうひとつの「限界」に私自身は焦燥を感じている。それは、民間資料収集の時間的限界である。当事者が亡くなってしまえば、もはやインタビューはできない。しかし、同時に当事者が亡くなると同時に、その人物が保管していた文書資料も消失する可能性もきわめて大きいのである。個人に限らず、団体や企業が保管している文書も、時間の経過とともに失われていく可能性は大きい。
 私は学部時代以来10年近くにわたって、樺太(サハリン島南部)について旧住民の戦後史も含めて研究を行ってきた。その中で、民間資料が果たした役割は極めて大きかった。博士論文では、京都大学の旧樺太演習林資料は重要な資料のひとつであった。もちろん、個人所蔵ではなく、旧京都帝大という国家機関が保管していた文書ではあるが、現地の樺太庁が作成した資料とは異なる文脈、異なる視点で作成された資料は、樺太農村形成史研究のための一級の資料であった。その後に本格化させた旧樺太住民の戦後史研究においては、サハリン残留日本人…

続きを読む

CIAS図書室

ご利用案内

開室時間
平日10:00~17:00
休室日
土日祝、本学冬季休暇中、本学創立記念日(6/18)、夏季休室、毎月月末

今月の開室時間

詳しくはこちら

アクセス

京都大学稲盛財団記念館1階
117号室共通資料室内

拡大する
  • カウンターの向こうから

    *アルバイト募集中です!
    作業内容:アラビア語書誌の目録登録確認および修正作業
    (ヘブライ語、タイ語での図書目録登録作業経験者も募集中です)
    要経験
    詳細についてはお問い合わせください。

  • スタッフのつぶやき from twitter

英国議会に提出された文書集成、総冊数約1万3千、現存する最も完全な原本コレクションとフルテキスト検索が可能な下院文書オンライン版をご利用いただけます。

  • 世界の地域研究資料閲覧サイト さまざまな資料を直接閲覧できる国内外のサイト情報です
  • 石井米雄京都大学名誉教授蔵書コレクション
  • 石井米雄CIASアーカイブ
  • CIAS複合共同研究「CIAS所蔵資料の活用」
学内関連サイト
  • 図書館機構
  • 京都大学付属図書館
  • 東南アジア研究所図書室
  • 大学院アジア・アフリカ地域研究研究科図書室
  • アフリカ地域研究資料センター図書室

ページの先頭へ